[レビュー2002年12月30日に発表された 

ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国 (PS2) Graffiti Kingdom

ファンタジー:剣と魔法 @宮崎駿&ジブリ
更新日:2013年06月29日(土) 00:55 [Edit]

システムアイデアは素晴らしい。しかし荒削りすぎる

ラクガキは楽しい。しかしパラメータとの関連がわかりにくいし、パーツの描画や着脱に制約があるのはストレスだった。イロによる制約もウザイ。好きなように描かせてほしい。

ラクガキ以外にも不満点はある。世界観、キャラ、ストーリーも悪くはないが、なんとなく「あざとい」感じがする。エンディングもよくわからない。ジャンケンのような戦闘のアイデアはいいが、どうにも単調で、面倒くさい。

ゲームやストーリー要素を省いて、思いっきりラクガキを作り込めるソフトの方がよかったかも。友だちが作ったキャラと戦わせたりできれば息の長いゲームになったと思うが、技術的な制約が多かったか。

宮崎駿、スタジオジブリ
宮崎駿監督作品/ジブリ以前
宮崎駿監督作品
スタジオジブリ
ゲーム
関連作品
妄想リメイク

関連エントリー