[Edit]
[レビュー2007年07月04日に発表された 

イバラード時間

Iblard Jikan

動く画集

スタジオジブリに、つねに宮崎駿監督のような興奮を期待するわけでもないが、これまた特殊な作品である。映像は美しいけど、おもしろいかと問われていい返事はできない。また人物の表現がアニメ的で、背景から浮いちゃっているのも残念なところ。
『銀河の魚』くらいのストーリーは欲しかった。


Share