[Edit]
[レビュー1995年12月30日に発表された 

耳をすませば

Whisper of the Heart

このネタに、このリアルさは毒だ

映画に描かれる団地や町中の風景は驚くほどリアルだ。アニメでここまで精緻に描く必要はない。なんのためにリアルに描いたのか? ヒロイン・雫が小説を書き上げる苦労を暗示しているのか?

背景はリアルなのに、人物や物語はファンタジー。 これだとむしろ、自分たちがいる現実との違いを思い知らされる。現実によく似た世界で、現実では起こりえない恋愛が展開すると、なんだか悲しくなってしまう。最初は好感がもてたけど、繰り返し観るとイヤになってくる。

この気持ち、わかってもらえるだろうか?


Share

Next