[Edit]
[レビュー1992年12月30日に発表された 

紅の豚

Porco Rosso

どこがカッコイイのか、わからなかった

もっと楽しめると思っていたのに、残念だった。宮崎監督はこの映画を「自己満足のために作った」と言ったらしいが、そのとおり。わかちあえるタイプの自己満足じゃなかった。そこが拍子抜けだ。

というか、これを自己満足と言ってしまうところがわからない。それじゃ、『ナウシカ』や『トトロ』はなんだったの? できあがったフィルムを観て、そう言わざるを得なかったのか? ちらほらと名ぜりふ、名シーン、名脇役がいるのに、なぜか物足りない。

宮崎アニメに対する期待が高くなりすぎたのだろうか?


Share

Next