[レビュー2018年11月30日に発表された 

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ) MOBILE SUIT GUNDAM NARRATIVE

#ガンダム ロボット 幽霊 戦争 超能力
更新日:2021年01月14日(木) 13:18 [Edit]

ナラティブ(物語)っすか。

 YouTubeで冒頭23分を視聴したが、23分かけて主人公がだれ、なにをしたいのか、なんの物語か、さっぱりわからなかった。23分でこれじゃ、本編も期待できないと思ったが、やっぱり駄目だった。

 ややこしい状況で、チープな悪が暴れている。回想シーンが多くて、全体を俯瞰できる人物がいない。主人公ヨナ・バシュタはひたすら受動的。ミシェル・ルオは言ってることとやってることが合致しない。リタ・ベルナルの死体はどこへ?
 かっこよく見せたいと思うあまり、足元がぐらついている。

 IIネオ・ジオングを倒すため3人が必要だったというが、めぐり合わせを感じない。『ハリー・ポッター』の入念な準備と比較してしまう。またフル・フロンタルの脅威は無視できて、ゾルタンを無視できなかったのも奇妙だ。それっぽいことを言ってるだけじゃん。

 これでナラティブ(物語)と名付けるのは滑稽だ。

機動戦士ガンダム / ガンダムシリーズ
1979
1980s
1990s
2000s
2010s
海外制作
ゲーム

関連エントリー