[Edit]
[レビュー1991年02月14日に発表された 

羊たちの沈黙

The Silence of the Lambs

いささか肩すかし

収監中の凶悪犯が安楽椅子探偵となって、純朴なFBI訓練生と事件を解決する。金箔の中に芽生える奇妙な信頼関係。なんてものを期待していたが、そういう映画じゃなかった。

レクター博士はもうちょい捜査に協力してもよかったのでは? これじゃ脱獄のためにクラリスを利用しただけに見える。そもそもレクター博士はクラリスになにを期待していたのか? 事件解決によってクラリスはなにを得たのか? 描かれているのに、わからない。

探偵(レクター博士)が犯人より凶悪ってのはおもしろい。ショッキングな映像が話題になったが、大騒ぎするほどじゃない。4年後の『セブン(1995)』の方がよっぽどやばい。初めて見たのは2011年で、すっかりブームに乗り遅れてしまった。

シリーズ化された殺人鬼
レザーフェイス
ブギーマン
ジェイソン
フレディ
グッドガイ人形
ハンニバル・レクター
シザーマン
脅迫者
フィッシャーマン
ミュータント
ジグソウ
キラ

Share

Next