ソウ5 Saw V

2008年 外国映画 3ツ星 #ソウ バトルロワイヤル 密室 殺人鬼 狂気 痛い 誘拐

これまでの解答編

わけがわからなかった『ソウ4』のラストをはじめ、『ソウ1』以前からこれまでのゲームの舞台裏を明かしていく。ジグソウの哲学や手法など、多くの謎が明らかにされるが、そもそも気にしてなかった状況説明なので、「へぇ」と思う程度。むしろ本作で追加された謎の方が気になる。まぁ、人気があるうちは謎が追加されてゆくし、人気がなくなれば打ち切られるので、すべてが明らかにされることはないかもしれない。それにしても予告編で「ジグソウの遺品」を取り上げておきながら、その中身を見せずに『ソウ6』に引っ張るのはどうよ。悪意を感じるぜ。

さておき本編。トラップを仕掛けながらジグソウは、「人の心を深く読めば、偶然の入る余地はない」と断言する。半分は異常者の戯言としても、無視できない迫力がある。ジグソウは「殺人」を嫌悪し、自分のゲームは「更正」だと主張するが、果たして誰が更正できたと言うのか? 『ソウ5』の冒頭に出てくる溺死ボックスは脱出不可能であり、ルールの説明もなかった。もはやゲームですらないのだが、狂った人になにをいっても無駄か。

狂っているのに......、あるいは狂っているからこそ、ジグソウはゲーム完全に支配できている。予知能力にも等しい洞察力と、自己完結した正義感。かつてなかった恐怖が、そこにある。

全7作を見てからの感想

「ジグソウらしくない」と感じたことは正しかった。

シリーズ化された殺人鬼
レザーフェイス
ブギーマン
ジェイソン
フレディ
グッドガイ人形
ハンニバル・レクター
シザーマン
脅迫者
フィッシャーマン
ミュータント
ジグソウ
キラ

関連エントリー

2008年 外国映画 3ツ星 #ソウ バトルロワイヤル 密室 殺人鬼 狂気 痛い 誘拐
ソウ4

ソウ4

Saw IV
2007年の外国映画 ★2

新シーズンのはじまり あらすじ [ホフマン刑事] ジグソウの遺体の胃袋からカセットテープが発見された。ゲームはまだ終わっていないと考え捜査を続行する。 [リッグ隊長] SWATの隊 (...)

ソウ3

ソウ3

Saw III
2006年の外国映画 ★3

何度も見返すような熱心なファン向け 3作目は「脱出」ではなく、悪人を処刑するかどうか「裁き」を強要される。囚われた人間に脱出のチャンスはなく、ひたすら許しを請うだけ。これをゲームと (...)

ソウ2

ソウ2

Saw II
2005年の外国映画 ★4

まさかの続編で、まさかのオモシロサ アイデア勝負の低予算映画がヒットして、調子こいて作った続編がおもしろかった試しはない。なのでスルーしていたが、どんどん続編が作られていくので、興 (...)

ソウ (SAW)

ソウ (SAW)

Saw
2004年の外国映画 ★3

おもしろいけど、絶賛できない すっごくハラハラしたし、グイグイ引き込まれた。ラストも驚いた。しかし絶賛できない。あまりにも残酷だ。もちろん、それを承知で見に行っているのだから、「悪 (...)

SAW (PS3)

SAW (PS3)

Saw The Game
2009年のゲーム ★2

苦しむことが好きな人へ こうしてゲームが作られるのは、それだけ映画がヒットした証拠なんだろうな。しかしあの『SAW』だよ。痛快アクションも、甘いロマンスもない。痛々しいゲームの被験 (...)

ソウ7 / ソウ ザ・ファイナル 3D

ソウ7 / ソウ ザ・ファイナル 3D

Saw 3D
2010年の外国映画 ★4

恐るべきジョンの支配力 ついに完結編となった7作目。被験者に選ばれたのは自称生還者ボビー。ゲームスタイルは恒例となった「他人のために奔走する」タイプ。正直、飽きた。『6』の悪徳保険 (...)

ページ先頭へ