旅行  2009年11月18日(水) の愛媛県 にて

萬翠荘 / 大正浪漫を今に伝える洋館

(map)

[WGS84] 33.842477, 132.768222 - Google Earthで開く(kml)

 萬翠荘で驚いたのは、その静けさだった。

 大街道から100mほどしか離れてないのに、山の中にいるようだ。建てられた当時はどんな雰囲気だっただろう。在りし日の姿を想像しながら、館の中を見てまわった。バラのアロマが焚かれていて、ちょっとクラクラした。観覧料は300円。

萬翠荘
※萬翠荘

萬翠荘(ばんすいそう)

 1922年(大正11年)、旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨が建てた西洋館。フランス駐在が長かった定謨の好みによって、純フランス風にデザインされている。外装も内装も贅のかぎりが尽くされているのだが、詳しい説明は現地で読んでほしい。
 戦禍を免れた萬翠荘は、愛媛県指定有形文化財に指定されている。

萬翠荘
※踊り場のステンドグラスはハワイに特注したとされる

萬翠荘
※2階・謁見の間:裕仁親王(のちの昭和天皇)をお迎えしたところ

萬翠荘
※各部屋のステンドグラス

萬翠荘
※ドアノブも凝ってる

萬翠荘
※ドアの縁とマントルピースの模様が揃えられている

萬翠荘
※こういう裏方の部分も好き

萬翠荘
※1階の部屋:現在はウェディングパーティにも使える

萬翠荘
※この庭で酔いを覚ましたかも

萬翠荘
※うろこのような屋根

萬翠荘
※樹木もしゃれてる

 天気もよくて、いい日に見学できた。
 萬翠荘の裏手に愚陀佛庵があるので、そちらも見てみた。


コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
萬翠荘 / 大正浪漫を今に伝える洋館