旅行  2009年11月17日(火) の愛媛県 にて

鯛めしの食べ比べ

(map)

[WGS84] 33.85169, 132.785959 - Google Earthで開く(kml)

 チェックインした後、晩飯を食べに出かけた。

 ちゃんと昼飯を食べてなかったので、腹ぺこだ。道後温泉まで歩いて、「おいでん家」という店に入る。ここは2種類の鯛めしを食べられる。「きさいや広場」をパスした理由も、ここで食べるためだった。

おいでん家
※おいでん家

 鯛めしは愛媛県の郷土料理の1つ。「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた。作り方は地域によって異なり、大きく2つに分類される。おいでん家では「北条風」と「宇和島風」と呼んでいた。

北条風(東予地方、中予地方)

 一尾丸ごと焼いた鯛を、醤油や塩で味付けした半炊き状態の炊き込みご飯の上に載せ、さらに加熱して完成させる。通常土鍋で提供される。
 私が知る「鯛めし」はこちら。食べてみたけど、鯛の塩気が弱く、ちょっと物足りなかった。ふむ。

おいでん家:鯛めし北条風(400円)
※鯛めし北条風(400円)

宇和島風(南予地方)

 鯛の刺身をご飯に載せ、特製のタレと生卵、ゴマやきざみねぎなどの薬味を混ぜたものをかけて食べる。載せる前にタレにいったん浸ける場合もある。
 いわゆる「宇和島の鯛めし」。お盆にご飯、刺身、タレと生卵、薬味が乗っているので、自分で完成させるスタイル。薬味の種類くらいしか調節するところがない。味わいは......ふつう。鯛の刺身は淡泊だが、生卵が旨味をふくらませている。鯛の食べ方としては悪くない。なんだろう。期待しすぎたかな?

おいでん家
※タレをかけて、刻みネギと海苔、ゴマなどをぱらり

おいでん家:鯛めし宇和島風
※鯛めし宇和島風(1,100円)

 このほか、鰻の醤油焼き(800円)、すまき(400円)、道後地ビール(800円)、付きだし(200円)などを食べた。

おいでん家
※道後ビールも飲んだ

 どれも悪くはないが、興奮するに至らなかった。あちこち食べ歩いたせいで、感受性が鈍くなったのかもしれない。親父は調理器具を持ち歩き、旅先で食材を仕入れ、煮炊きを楽しんでいた。あれが究極かもしれない。

ホテルはなや

 ちなみに今夜の宿は、ホテルはなや。建物は古いけど、この雰囲気は嫌いじゃない。道後温泉源泉から掛け流しの風呂があるので、本日はここで汗を流した。ふぅ。

ホテルはなや
※ホテルはなや(2泊2名/12,600円/入湯税込み)

 今日もたくさん運転して、たくさん観光した。疲れていたので、ぐっすり眠れた。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
鯛めしの食べ比べ