[Edit]
[レビュー2006年10月02日に発表された 

世にも奇妙な物語 2006 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari 2006 Autumn

突然訪れる不幸な5つの運命...豪華キャストで贈る禁断の扉が今宵開く...

今回も不作だった。有名タレントを使えば受けると思っているのだろうか。ショートームービーは「超能力研究」、「箱庭」、「オブジェ」、「拡大コピー」の4つだが、3つはリメイク。どうしちゃったの? 
エピローグの巨大望遠鏡はかっこよかった。

鏡子さん

[あらすじ] 主人公は若い女性の研修医。新たに赴任した病院はどことなく不穏な雰囲気。トイレで少女が「鏡子さん、鏡子さん私を綺麗にしてください」とつぶやいていた。

[感想] つまんない。研修医の仕事がままごとみたい。

部長OL

[あらすじ] とある商社の部長と美人OLの身体が入れ替わってしまった。
[原案] 小椋久雄

[感想] つまんない。部長にもOLにも共感できない。婚期を逃した年配の女性部長と、頭の軽い美人OLが入れ替えれば、希望のある話になったかもしれない。

昨日公園

[あらすじ] 親友が事故で死んでしまった。悲嘆に暮れていると、一日前にもどる方法が判明する。主人公は親友を助けようとするが......。
[原作]朱川湊人「昨日公園」

[感想] つまんない。友人を救えなかった(救うことをあきらめた)経験から、「もういいよ。ありがとう」と言える気概がほしかった。

猫が恩返し

[あらすじ] 大きな館にひとりで住む女性。唯一の肉親だった祖母を亡くし、寂しさを癒してくれるのは飼い猫のクロだけ。ある日、黒い服を着た少年と出会う。
[原案] 山浦雅大

[感想] つまんない。「てっきり仲間が見つかったと思ったのにぃ!」って変身してほしかった。

家族会議

[あらすじ] 交通事故にあった家族が、生と死の狭間の町に閉じ込められた。ルールはわかっている。3日のうちに誰か1人を殺さないと、3人とも死んでしまうのだ。

[感想] つまんない。感動系で、ルール破りのハッピーエンド。それはいいが、ちゃんと会議していないのは気になる。娘のメッセージは泣けるが、いつ書いたのか疑問が残る。誰もいない不自然な町ではなく、いつもと変わらない町の方が怖かったかも。いい話なのはわかるが、しっくり来ない。


Share

Next