世にも奇妙な物語 1994 秋の特別編 Yonimo Kimyouna Monogatari: 1994 Autumn

1994年 日本ドラマ 3ツ星 #世にも奇妙な物語

後ろに誰かいませんか

3本セットになって、エピソードごとの時間が長くなった。やや冗長な印象も受けるが、「思い出を売る男」はおもしろかった。この品質を維持するのは難しそう。

出られない (斉藤由貴)

[あらすじ] 田舎で電話ボックスに閉じ込められた女性が、脱出しようと悪戦苦闘する。

[感想] 夏の電話ボックスに入った経験がある人なら、これが命に関わる事態とわかるだろう。いや、周囲にだれもいない時、電話ボックスの扉を完全に閉めてはいけない。まじで。

君だけに愛を (財前直見)

[あらすじ] クリスマスの夜、バーで彼氏を待っている女性。いつまでも来ないので、この恋は終わったと見切りをつける。すると左利きの男が声をかけてきた。誘われるままに飲んで、男の家へゆく。気味の悪い音楽に、手足をもがれた人形。彼女は、なにかがおかしいと感じはじめる。

[感想] これまた難解な1本。左利きの男は加害者なのか、被害者なのか。なにが起こっているのかよくわからないけど、雰囲気が怖かった。

思い出を売る男 (小堺一機)

[あらすじ] リストラされたが、プライドが邪魔して再就職できない男。借金返済のため、特殊な装置を使って思い出を売ることにする。思い出は高く売れたが、売った思い出は記憶から消えてしまうため、初恋の相手や昔の友人たちがわからなくなる。しかし子どもの治療費が必要になったため、男はありとあらゆる思い出を売る決意をする。

[感想] 愚直だけど懸命な父親を小堺一機が好演している。その人がその人でなくなっても支えられるのは、家族だけかもしれない。痴呆症と合わせて考えると、ぐっと胸が詰まる。

世にも奇妙な物語
'90s
'00s
'10s
'20s
関連作品

関連エントリー

1994年 日本ドラマ 3ツ星 #世にも奇妙な物語
世にも奇妙な物語 '22夏の特別編

世にも奇妙な物語 '22夏の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2022 Summer
2022年の日本ドラマ ★2

ドラマの力はますます衰えて... オトドケモノ [あらすじ] 主人公は自宅勤務のWebデザイナー。「オトドケモノ」という出前アプリで、あらゆるものが2秒で届けられることを知り、夫婦 (...)

世にも奇妙な物語 2020 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2020 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2020 Autumn
2020年の日本ドラマ ★2

「タテモトマサコ」はよかった。 コインランドリー [あらすじ] 主人公はフリーター。欲しいものがなんでも、一日だけ手に入るコインランドリーを見つけ、毎日ちがった彼女を出して楽しんで (...)

世にも奇妙な物語 2021 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2021 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2021 Autumn
2021年の日本ドラマ ★2

なにコレ? 久々に聞いたせいか、タモリの声が高くなった感じ。振る舞いに変わりはなかったけど。サングラスがなかったら、もっと「老い」を感じたかもしれない。 そして本編だが、ストーリー (...)

世にも奇妙な物語 2018 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2018 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2018 Autumn
2018年の日本ドラマ ★3

原作がある方がいいね。 幽霊社員 [あらすじ] 主人公は中年サラリーマン。やる気も存在感もなく、ただ定年までの4年を平穏に過ごそうとしていた。ある日、過労死した若手社員の幽霊と遭遇 (...)

世にも奇妙な物語 2016 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2016 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2016 Autumn
2016年の日本ドラマ ★3

妙に間延びしている 1本は短編だから、実質4本。尺が伸びたため、関係ないヤリトリが増えた。またCMが挟まることで、興奮が途切れる。8-10本くらい作れば、当たり外れがあっても許容さ (...)

世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編

世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編

Yonimo Kimyouna Monogatari: Popular Manga Artsit Special
2015年の日本ドラマ ★2

いつもよりおもしろく感じたかな 面 [あらすじ] 主人公は小学生の女の子。お寺の住職から「お面を外した途端、存在が消えてしまった人がいる」という怖い話をきく。友だちの1人が「私のお (...)

ページ先頭へ