レビュー  2014年10月18日  に発表された 

世にも奇妙な物語 2014 秋の特別編
Yonimo Kimyouna Monogatari: 2014 Autumn

3ツ星

下手な鉄砲なら数撃とうじゃないか

冒頭と末尾に出てくる、モンテ・カルロを破産させたチャールズ・ウェルズ、実験を失敗させるヴォルフガング・パウリの話がおもしろかった。超短編ドラマの出来栄えはいまひとつだが、こういう試みはつづけてほしい。たくさん作れば、いいものが生まれることもあるだろう。

サプライズ (多部未華子)

[あらすじ] 主人公は若い女性。彼氏と付き合って3年になるが、誕生日にサプライズプレゼントをされたことがない。そう呟くと、彼氏は過剰なサプライズを繰り返すようになった。

[感想] ただのホラー。

インターホン

なんじゃらほい。

走る取的 (仲村トオル)

[あらすじ] 相撲取りが追ってくる。
[原作] 筒井康隆「走る取的」

[感想] 妻は関係ある?

シャドーボクシング

あと一捻り。

クリームソーダ

怒ってるってこと?

捨てられない女

インパクトはあるが...

未来ドロボウ (吉田鋼太郎, 神木隆之介)

[あらすじ] 就職が決まらず未来に絶望した大学生と、病に付した富豪の老人が、互いの身体を入れ替えた。若者になった老人は快活になり、就職を決め、恋人の心を射止めた。富豪になった若者は贅沢三昧の日々を過ごしたが、近づく死の恐怖におびえた。
[原作] 藤子・F・不二雄「未来ドロボウ」

[感想] F先生らしいエピソード。病で死ぬより自殺がマシとするところがリアル。

標識の人

標識の選定がよくなかった。

冷える (若村麻由美)

[あらすじ] 主人公はスーパーでレジ打ちのパートをしている主婦。あるとき冷凍倉庫に閉じ込められ、その後遺症で熱を感じなくなる。日常生活にさまざまな支障をきたすが、火事から子どもを救ったことで、自分の特性を活かした職業──消防士になった。そして......

[感想] アウル・クリーク橋の出来事を思い出した。

ファナモ (戸田恵梨香)

[あらすじ] 近未来、主人公は恋人から「ファナモ」を受け入れるよう強く薦められる。抵抗感を拭えない主人公。しかし世の中はどんどん変わっていった。そして主人公もファナモを受け入れた。
[原作] 前田司郎「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」

[感想] ラストがよかった。


 Googleで「世にも奇妙な物語 2014 秋の特別編」を検索する
 Wikipediaで「世にも奇妙な物語 2014 秋の特別編」を検索する
 IMDBで「Yonimo Kimyouna Monogatari: 2014 Autumn」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4091940358
思考回廊 レビュー
世にも奇妙な物語 2014 秋の特別編