レビュー  2000年11月03日  に発表された 

世にも奇妙な物語 2000 映画の特別編
Yonimo Kimyouna Monogatari: The Movie

2ツ星

スケールはいらない、感動をくれ

セットは豪華だし、エフェクトも凝ってるが、おもしろさに寄与しないところばかり。そんなところに金をかけてどうすんの? 駅で雨宿りしてるあいだの小咄という状況設定だが、エピソードに関連性がないので、盛り上がらない。ネタも小粒なので、あと1、2本は欲しかった。

雪山

[あらすじ] 飛行機が墜落し、5名の男女が生き残った。しかし山小屋に非難できたのは4人。彼らは救助を待つあいだ、交代で眠ることにした。

[感想] 山岳の怪談をつなぎ合わせたもの。ストーブが暖かくない時点で展開が見えてしまった。映画のスケールを感じるのは、墜落した飛行機の残骸くらいかな。

携帯忠臣蔵

[あらすじ] 吉良上野介への討ち入りに悩む大石内蔵助は、ある日、携帯電話を拾う。それは未来から送られてきた特別な携帯電話だった。
[原作] 清水義範「識者の意見」

[感想] ラストの未来組織のスケールがよかった。

チェス

[あらすじ] チェスの世界チャンピオンである加藤は、コンピュータ「スーパーブルー」との対戦に敗れ、表舞台から姿を消した。3年後、浮浪者となっていた加藤に、大富豪の老人が一戦を持ちかける。勝負を受けた加藤がふと窓の外を見ると、道を歩く人々がチェスの駒のように並び、現在の局面と同じように殺し合いをはじめた。

[感想] 愛? 愛がわからずにオーバーロード? はぁ......。映画のスケールを感じるは、人間サイズのチェス。

結婚シミュレーター

[あらすじ] 挙式を控えたカップルが、結婚後の人生を仮想体験できる「結婚シミュレーター」を試してみるが...

[感想] よくあるストーリーだが、きちんと映像化しているのはいいね。映画のスケールを感じるところは特になし。

 Googleで「世にも奇妙な物語 2000 映画の特別編」を検索する
 Wikipediaで「世にも奇妙な物語 2000 映画の特別編」を検索する
 IMDBで「Yonimo Kimyouna Monogatari: The Movie」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0000DJWIP
思考回廊 レビュー
世にも奇妙な物語 2000 映画の特別編