世にも奇妙な物語 2014 春の特別編 Yonimo Kimyouna Monogatari: 2014 Spring

2014年 日本ドラマ 3ツ星 #世にも奇妙な物語

語ることナシ

二ートな彼とキュートな彼女 (玉森裕太)

[あらすじ] 近未来、主人公は就職浪人中の青年。格安の単身者用公団アパートに入居すると、専用コンシェルジュとしてホログラムのメイドが現れ、生活全般を支援してくれた。
[原作] わかつきひかる「ニートな彼とキュートな彼女」

[感想] むしろ結婚を阻害するだろ、JK。

墓友 (渡辺えり)

[あらすじ] 主人公は60代女性。共同墓地を生前購入し、隣の墓を購入した女性と親しくなる。その女性は「墓友」と言って主人公につきまとうようになる。

[感想] ふつーにこわい。

空想少女 (能年玲奈)

[あらすじ] 主人公は内向的な女子高生。彼女の密かな楽しみは、通学のバスで歴史小説を読むこと、イケメン高校生に石田三成のイメージを重ねて妄想することだった。
[原作] おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」

[感想] 長いよ。

ラスト・シネマ (榮倉奈々)

[あらすじ] 主人公は映像ディレクター。事故にあって、気がつくと映画館のスクリーンに流れる自分の人生を眺めていた。これが走馬灯かと思うが、クオリティの低さに落胆。支配人に文句を言ったところ、自分で自分の走馬灯フィルムを作ることになった。

[感想] 映画『ファイナル・カット』(2014)のファンタジー版。これぞ天職だね。

復讐病棟 (藤木直人, 赤井英和)

[あらすじ] 主人公は粗暴な体育教師。息子が骨折したため医者に呼び出された。落雷で停電した病院で、医師は体罰を受けていた過去を語り始める。
[原作] 清水義範「復讐病棟」

[感想] ありえない復讐だが、それゆえ怖いと言えば怖い。

世にも奇妙な物語
'90s
'00s
'10s
'20s
関連作品

関連エントリー

2014年 日本ドラマ 3ツ星 #世にも奇妙な物語
世にも奇妙な物語 '22夏の特別編

世にも奇妙な物語 '22夏の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2022 Summer
2022年の日本ドラマ ★2

ドラマの力はますます衰えて... オトドケモノ [あらすじ] 主人公は自宅勤務のWebデザイナー。「オトドケモノ」という出前アプリで、あらゆるものが2秒で届けられることを知り、夫婦 (...)

世にも奇妙な物語 2020 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2020 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2020 Autumn
2020年の日本ドラマ ★2

「タテモトマサコ」はよかった。 コインランドリー [あらすじ] 主人公はフリーター。欲しいものがなんでも、一日だけ手に入るコインランドリーを見つけ、毎日ちがった彼女を出して楽しんで (...)

世にも奇妙な物語 2021 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2021 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2021 Autumn
2021年の日本ドラマ ★2

なにコレ? 久々に聞いたせいか、タモリの声が高くなった感じ。振る舞いに変わりはなかったけど。サングラスがなかったら、もっと「老い」を感じたかもしれない。 そして本編だが、ストーリー (...)

世にも奇妙な物語 2018 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2018 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2018 Autumn
2018年の日本ドラマ ★3

原作がある方がいいね。 幽霊社員 [あらすじ] 主人公は中年サラリーマン。やる気も存在感もなく、ただ定年までの4年を平穏に過ごそうとしていた。ある日、過労死した若手社員の幽霊と遭遇 (...)

世にも奇妙な物語 2016 秋の特別編

世にも奇妙な物語 2016 秋の特別編

Yonimo Kimyouna Monogatari: 2016 Autumn
2016年の日本ドラマ ★3

妙に間延びしている 1本は短編だから、実質4本。尺が伸びたため、関係ないヤリトリが増えた。またCMが挟まることで、興奮が途切れる。8-10本くらい作れば、当たり外れがあっても許容さ (...)

世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編

世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編

Yonimo Kimyouna Monogatari: Popular Manga Artsit Special
2015年の日本ドラマ ★2

いつもよりおもしろく感じたかな 面 [あらすじ] 主人公は小学生の女の子。お寺の住職から「お面を外した途端、存在が消えてしまった人がいる」という怖い話をきく。友だちの1人が「私のお (...)

ページ先頭へ