宇宙大戦争 Battle in Outer Space

1959年 特撮 4ツ星 SF:スペースオペラ 地球外生命 怪獣 戦争

恐るべき地球人!

『地球防衛軍』の続編。今作は受け身じゃなく、月にある基地を先制攻撃で叩いている。これで勝敗が決するかと思われたが、本番はこれから。稼いだ時間で軍備を整え、総攻撃でナタール人を殲滅する。
一連の流れは妙にリアルで、怖いような興奮がある。強いぞ、地球人!
ナタール人は賢いけどバカだね。ナタール人の手口(地球人を遠隔操作する)はスマートだけど、地球人の戦術(接近して大打撃を与える)に遅れをとった。地球侵攻も急がす、数年も待てば地球人の結束もゆるんだかもしれないのに。ナタール人に地球人の知恵があれば、戦況は大きく変わっただろう。

うがった見方もできるけど、ストレートな展開は小気味よい。人類存亡の危機に世界中の人々が力を合わせる。戦争を肯定するわけじゃないが、そこに希望を感じずにいられない。米ソ冷戦の時代背景を考えれば、なおさらだ。

ストーリーもいいが、刮目すべきは特撮。本作が公開された1959年は、ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行を成功させる2年前。まだ誰も体験したことがない宇宙飛行や月世界を、想像で描いているのだ。宇宙空間に遺体が浮かんでいたり、月着陸時にロケットの向きを変えたり、細かいところにリアリティというか、迫力を感じる。
ナタール人の冷凍光線で破壊される世界各国の様子も圧巻。精緻に再現されたミニチュアの都市が、ものすごい勢いで破壊されていく。この興奮、この高揚感は、CGでは得られない。

東宝映画の勢いが感じられる大興奮の1本だ。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

関連エントリー

1959年 特撮 4ツ星 SF:スペースオペラ 地球外生命 怪獣 戦争
地球防衛軍

地球防衛軍

Defence Force of the Earth
1957年の特撮 ★3

問われる人類愛 物言いはていねいだが、武力を誇示し、要求をエスカレートさせる宇宙人(ミステリアン)。怒りを爆発させるタイミングが難しい相手だ。科学力に魅せられた白石は、ミステリアン (...)

ゴジラ(6) 怪獣大戦争

ゴジラ(6) 怪獣大戦争

Godzilla vs. Monster Zero
1965年の特撮 ★3

怪獣のいない地球なんて X星人がたまらない。あの衣装とサングラスが欲しくなってしまった。「我々は未来に向かって脱出する!」というセリフは唐突だけど、強烈な印象を残す。大好き♪ それ (...)

アルジェントソーマ (全26話)

アルジェントソーマ (全26話)

Argento Soma [TVA 00.10.05-01.03]
2000年のアニメ ★2

これほど電波な作品だとは思わなかった 友人にすすめられて鑑賞したのだが、ソイツとの付き合いを考えさせられる内容だった。とにかくイカレてる。あるいは、狂ってる。 たぶん監督は、感動を (...)

八岐之大蛇の逆襲

八岐之大蛇の逆襲

Yamatanoorochi no gyakushuu
1984年の特撮 ★2

事情を知らない人には、なんの価値もない 高校1年のとき、先輩の家で鑑賞した。自主制作映画として見ればクオリティは高いだろうし、制作者の熱意も評価できる。しかし先輩はなにも教えてくれ (...)

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising
2018年の外国映画 ★3

「怪獣の名前は私が勝手につけた!」 『パシフィック・リム』(2013)の続編。なんも知らずに見たので、まぁ、楽しめた。もともとストーリーやドラマは期待してなかったし、ロボットと怪獣 (...)

パシフィック・リム

パシフィック・リム

Pacific Rim
2013年の外国映画 ★4

その手があったか! 怪獣は海からやって来る。だから壁で都市を守る。怪獣の強さはレベルで区分され、少しずつ強くなっている。対応できるのは巨大ロボットのみ。2人のパイロットが精神を同調 (...)

ページ先頭へ