[Edit]
[レビュー1968年03月20日に発表された 

ガメラ(4) ガメラ対宇宙怪獣バイラス

Gamera vs. Viras

おまえが司令官だったのかッ!

いやぁ、おもしろかった。『対ギャオス(1967)』より子ども向けに特化し、ストーリーもわかりやすい。ガメラマーチの採用、日本人と白人のコンビなど、スタイルが確立された。本作と『対ギロン(1969)』は甲乙つけがたい。

バイラス宇宙船のデザインが秀逸。クレヨンで絵を描きたくなる。またSFマインドにあふれたギミックの数々、点滅する目、知能が高いと言いながら子どもに出し抜かれるお茶目さ。なにより驚いたのは司令官の正体。おまえだったのかッ!
ガメラとの戦いも興奮した。どこかシュールで、どこかユーモラスで、かつダイナミック。巨大化したバイラスが海底に刺さって、ガメラが放り出されるシーンは笑った。

人類は子どもたちを救うため、バイラス星人に降伏しようとする。多数が少数を切り捨てない展開は驚きだった。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next