モスラ MOTHRA

1961年 特撮 5ツ星 怪獣

ドラマが怪獣に魂を吹き込む

『ゴジラ』(1954)も『ラドン』(1956)もよかったが、『モスラ』(1961)も素晴らしい。コミカルな雰囲気だけど、人間の傲慢さを鋭く批判している。決して暴力をふるわないインファント島の原住民、つねに平和と友愛を重んじる小美人。あまりにも清らかで、魂が悲鳴をあげそうになる。

ひょっとして小美人には人間の良心を刺激する能力があるのかもしれない。そう考えると、あれだけ特ダネに執着していた福田善一郎(フランキー堺)が島の秘密を守ったり、身を挺して赤ん坊を助けた変化が腑に落ちる。まぁ、ネルソンのように変わらない人間もいるから、勝手な妄想だけどさ。

そしてモスラ。街を破壊するのはゴジラやラドンと同じだが、その印象は大きく異なる。ドラマの力はすごい。モスラは海を越えて、ロリシカ国を蹂躙する。原因はロリシカ国民であるネルソンだから、当然と言えば当然なんだけど、そこで溜飲を下げてしまう自分が恥ずかしい。そんな風に考えるのも小美人の影響かもしれない。

人間は変われるだろうか? モスラのように。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

関連エントリー

1961年 特撮 5ツ星 怪獣
モーレツ怪獣大決戦

モーレツ怪獣大決戦

Moretsu Kaijuu Daikessen
2005年の特撮 ★2

いいなぁ。 内容について語ることはない。ひどいもんだが、そもそもクオリティを求めちゃいないだろう。どんな連中が、どんな経緯で制作したか知らないが、まー、楽しそうだ。 やってみたいこ (...)

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising
2018年の外国映画 ★3

「怪獣の名前は私が勝手につけた!」 『パシフィック・リム』(2013)の続編。なんも知らずに見たので、まぁ、楽しめた。もともとストーリーやドラマは期待してなかったし、ロボットと怪獣 (...)

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

Ready Player One
2018年の外国映画 ★3

結局、リアル至上か。  停滞した未来社会で、人々はVR世界「OASIS」に熱狂していた。莫大な遺産と運営権をめぐって、若者たちと企業が激突する。VR世界ではハリウッドだけでなく、日 (...)

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

20,000 Leagues Under the Sea
1954年の外国映画 ★3

見ごたえがある。 CGはない。すべてセット? それにしては大きい。ミニチュアで合成? そんな機材がすでにあったのか。気がつけば映像に圧倒されている。古い映画なのに。 リベット打ちさ (...)

巨神兵東京に現わる

巨神兵東京に現わる

Giant God Warrior Appears in Tokyo
2012年の特撮 ★3

メイキングを作るための本編 庵野監督が特撮技術の衰退を惜しみ、その技巧を作品として残そうとした。その心意気や、よし。しかし出来上がった作品が、「CGならもっとできたのに」と思わせて (...)

パシフィック・リム

パシフィック・リム

Pacific Rim
2013年の外国映画 ★4

その手があったか! 怪獣は海からやって来る。だから壁で都市を守る。怪獣の強さはレベルで区分され、少しずつ強くなっている。対応できるのは巨大ロボットのみ。2人のパイロットが精神を同調 (...)

ページ先頭へ