レビュー  2010年11月27日  に発表された 

デスカッパ
DEATH KAPPA

2ツ星

「みんな狂ってる!」

特撮がチープとか、物語が支離滅裂とか、そういうレベルじゃない。ふざけた映画なのだ。オリジナル新作を期待した怪獣ファンは、がっくり肩を落とすだろう。いや、怪獣ファンならもう慣れっこか。
詳しいことは知らないが、完全アメリカ資本で制作されたとか。アメリカ人の指示でふざけているのか、他人の金だからやっちゃったのか。おそらく後者だろう。

ヒロインを演じるのは『ウルトラマンメビウス』のコノミ隊員役を演じた平田弥里。眼鏡をかけてないとキャラが立たない。絶望的にふざけた脚本を体当たりで演じているが、その扱いはひどすぎる。泣ける。いろんな意味で泣ける。

ふざけた映画であることは覚悟していたが、ここまでとは思わなかった。

 Googleで「デスカッパ」を検索する
 Wikipediaで「デスカッパ」を検索する
 IMDBで「DEATH KAPPA」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004NRP1TG
思考回廊 レビュー
デスカッパ