[Edit]
[レビュー1998年05月19日に発表された 

GODZILLA

Godzilla

今なら許せる

ゴジラかと問われれば、ゴジラじゃない。怪獣かと問われても、首を傾げる。これは恐竜だよね。恐竜と怪獣のちがいを説明するのは難しい。私は初代ゴジラのように「人智を超えた存在」であってほしいが、怪獣は邪悪であり、コミカルであり、ヒーローだからね。

はじめて見たときは戸惑い、アメリカ人のセンスを笑いもしたが、2013年に見返すと、これはこれで楽しめると思った。いいじゃない。おもしろいよ。たぶん、『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)にショックを受けたためだろう。本作はアメリカ唯一の怪獣映画じゃない。ならば日本の怪獣に似せる必要もない。あまたの怪獣映画の1つになったことで、目くじら立てることもなくなった。

人生いろいろ、怪獣映画いろいろだ。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next