[Edit]
[レビュー1970年08月01日に発表された 

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣

Space Amoeba

けっこう淡泊ですな

ゴジラもガメラもモスラも出てこない、独立系の怪獣映画。マイナーだけど、特撮は作り込んであり、見応えがある。とりわけ最初に登場するゲゾラは強烈で、ほかの怪獣にはない不気味さ、怖さがある。しかしタイトルやジャケットから想像するような三つ巴の乱闘はなく、今ひとつ盛り上がりに欠ける。
茫然自失の青年との結婚を強行したり、宇宙人に支配された人間を説得したり、特異な展開が連続するものの、見慣れたせいかあまり興奮はなかった。突き抜けてないんだよね。

もはやゴジラもおもしろいとは言えないが、ゴジラの呪縛から抜け出すことはできなかったようだ。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next