レビュー  2000年01月30日  に発表された 

仮面ライダークウガ (全49話)
Kamen Rider Kuuga

5ツ星

ここまで熱中できるライダーに出会えるとは!

なにがスゴイって、状況が変わっていくんだぜ。時計の針が停まらぬように、五代も、グロンギも、警察も、周囲の人たちも、社会も、少しずつ変化していく。しかもスキップ(ドラマのカット)もある。いやぁ、たまげたよ。

おもしろいアイデアがいっぱいだが、とりわけグロンギ語がすごい。字幕のないグロンギ語がドラマに深みを与えている。真剣に聞いていると、言っていることがおぼろげながらわかるから不思議だよね。

五代雄介もいいけど、一条薫も好き。仮面ライダーを気づかう警察官なんて初めて見たよ。最後の変身(第48話)で見せた思いやりも泣ける。五代の陰に隠れてしまったが、きわめて特異な人物だったと思う。

語りはじめたらキリがない。
それほど大好きな作品だった。

 Googleで「仮面ライダークウガ 」を検索する
 Wikipediaで「仮面ライダークウガ 」を検索する
 IMDBで「Kamen Rider Kuuga」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005HO5J
思考回廊 レビュー
仮面ライダークウガ (全49話)