レビュー  2014年03月29日  に発表された 

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
Heisei Rider vs. Showa Rider: Kamen Rider Taisen feat. Super Sentai

3ツ星

テンプレートが硬すぎる

昭和ライダー15人が、平成ライダー15人に戦争を仕掛けた。その理由はなにか? いや、「悪の組織を油断させるため」と言うのはわかってる。注目したいのは、それが明らかにされたときのドラマだ。『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』(2012)では、ディケイドとゴーカイレッドがしれっと白状し、ゴーカイブルーが矛を収め、ディエンドがすねた。あんなドラマを期待したが、ダメだった。

致命的なのは、物語を引っ張るキャラクターがいないこと。葛葉紘汰は慌てふためくだけ。門矢士は通りすがり。乾巧は夢がない。左翔太郎は視野が狭い。フィフティーンの「死んだ本当の息子を復活させる」という気迫に、だれも向き合えない。これじゃ、おもしろくなるわけがない。

昭和ライダーが平成ライダーを認めない理由と、それに対する答え。
死んだ息子を復活させたい親の気持ちと、それを否定する信念。

最低でも2つの対立軸を描くべきだった。乾巧と神敬介のからみも、この2つを避けている。クライマックスでライダーの死生観を口頭で述べるだけじゃ映画にならない。
まぁ、キャスティングが決まってから作られたストーリーだろうから、多くを求めるのは酷かもしれない。それとアンケートによって結末が変わる平成vs昭和ライダーの対決だが、てれびくんのスーパーバトルDVDレベルで萎えた。ま、こんなもんか。

 Googleで「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」を検索する
 Wikipediaで「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」を検索する
 IMDBで「Heisei Rider vs. Showa Rider: Kamen Rider Taisen feat. Super Sentai」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00K76N09A
思考回廊 レビュー
平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊