レビュー  2016年03月26日  に発表された 

仮面ライダー1号
Kamen Rider 1

2ツ星

「ライダーも変わったなぁ」

本郷猛を主演に据えた劇場版。しかしそこに映し出されたのは70歳になった「藤岡弘、」そのひとだった。
暑苦しく、説教臭く、わかりにくい。立花藤兵衛の孫娘・麻由との接触も過剰で、「老人と女子高生の恋愛」っぽい雰囲気を醸し出している。なんなの、これ? 本郷猛は半世紀に渡ってショッカーの残党と戦ってきたらしいが、そのへんの事情はよく見えない。お相手する『ゴースト』のレギュラー陣も、距離感を掴みかねている。「藤岡弘、」が一段高いところにいるから、どうしようもない。ノバショッカーにも恐怖や哲学は感じられない。なんなの、これ?

ただひたすら「藤岡弘、」を魅せる映画だった。「藤岡弘、」のファンでなければ、とても楽しめないだろう。

 Googleで「仮面ライダー1号」を検索する
 Wikipediaで「仮面ライダー1号」を検索する
 IMDBで「Kamen Rider 1」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01FJG45WI
思考回廊 レビュー
仮面ライダー1号