レビュー  2009年12月12日  に発表された 

仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010
Kamen Rider W and Decade Movie War 2010

3ツ星

「ディケイドに物語はありません」

ディケイドの映画としては、不満はない。だが、テレビシリーズをあのように終わらせて、劇場まで足を運ばせて、かつ「完結編」と銘打ったことを考えると、とうてい納得できない。夏の『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で終えておけばよかったのに。鳴滝やキバーラの正体も拍子抜け。予告CMのシーンは1つも使われてないじゃないか!

一方、『ビギンズナイト』は驚くべき完成度。鳴海荘吉の帽子投げは超・かっこいい! 30分ずつ区切って、ラストに合流させる展開もうまい。ディケイドのパラレルワールドが、スカルの救いになっているのも泣ける。

ディケイドの映画としては文句ない。完結編でなければ、素直に喜べたのになぁ。

 Googleで「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」を検索する
 Wikipediaで「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」を検索する
 IMDBで「Kamen Rider W and Decade Movie War 2010」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0036LXPEI
思考回廊 レビュー
仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010