レビュー  2008年10月04日  に発表された 

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン
Saraba Kamen Rider Den-O: Final Countdown

3ツ星

なにがどう「さらば」なんだ?

『電王』テレビシリーズに決着をつける劇場版。しかし良太郎も幸太郎も出番は少なく、(現代における)お姉さんと桜井さんの再会もない。これで納得するのは難しい。
ハナちゃんやカイが時間を失った経緯や、お姉ちゃんたちがゼロライナーと遭遇した事件など、まだ描いてないエピソードは多い。にもかかわらず、300年前の素性の知れない敵や幽霊列車なんか出さなくてもいいのに。NEW電王はおもしろいけど、誕生の経緯はどうなってんの? 叔母さん(ハナちゃん)のことは、どう認識してるの? いろいろ釈然としない。

しかし「さらば」と銘打たれたことで、これ以上、テレビシリーズが掘り下げられることはないと理解できた。終わったことは忘れて、新しい電王ワールド(超・電王シリーズ)を楽しむことにしよう。


 Googleで「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」を検索する
 IMDBで「Saraba Kamen Rider Den-O: Final Countdown」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001NJTHBK
思考回廊 レビュー
劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン