レビュー  2009年05月01日  に発表された 

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
Cho Kamen Rider Den-O & Decade Neo Generations: The Onigashima Warship

2ツ星

ここから超・電王なのね

『ディケイド』14話と15話からのクロスオーバー。タイトルから期待するほどディケイドメンバーは出てこない。ディエンドの理解しがたい乱入を見るに、かなりおざなりな印象。『クライマックス刑事』のキバと同じだ。もともとライダー競演に無理があるのはわかるが、もうちょい工夫してほしかった。

例によって今回も敵ライダーは正体不明。鬼の戦艦も唐突すぎる。絵的には派手だが、中身はスカスカ。NEW電王を再登場させたのに、やはり掘り下げ不足。オリジナル良太郎(佐藤健)が抜けた穴を埋められてない。これじゃ、誰も幸せになれない。

いろいろ足りないのに、グラビアアイドルは入ってる。仮面ライダーの劇場版は、制約が多いようだ。そんな中、おもしろい作品を作ろうとがんばっているのはわかる。わかるけど、これじゃ物足りない。


 Googleで「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」を検索する
 IMDBで「Cho Kamen Rider Den-O & Decade Neo Generations: The Onigashima Warship」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002G55X6S
思考回廊 レビュー
劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦