レビュー  1973年07月18日  に発表された 

劇場版 仮面ライダーV3対デストロン怪人
Kamen Rider V3 The Movie - V3 vs. Destron Mutants

3ツ星

地方ロケがうれしい

和歌山、高知、愛媛の地方ロケに興奮する。V3が日本を守っていることが実感できる。なんだか妙にワクワクしちゃう。爆発も派手だし、石段を駆け上がるハリケーンもかっこいい。気合いが入ってるよ。それと放射能で人体が溶けて、骨になってしまう演出がいいよね。リアリティはともかく、放射能の恐怖が刷り込まれる。

ドクトルゲーの、「仮面ラーイダ!」というイントネーションが耳に残る。タイホウバッファローはライダーダブルキックに耐える強敵だったけど、上司が悪かった。再生怪人軍団もかわいそうに。
終盤、第2話で爆死した1号と2号が駆けつけるけど、あまり出番はない。3人の集結は本作のメインじゃないので、期待しすぎないように。

 Googleで「劇場版 仮面ライダーV3対デストロン怪人」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 仮面ライダーV3対デストロン怪人」を検索する
 IMDBで「Kamen Rider V3 The Movie - V3 vs. Destron Mutants」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005GP8P
思考回廊 レビュー
劇場版 仮面ライダーV3対デストロン怪人