レビュー  2016年12月10日  に発表された 

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー
Kamen Rider Heisei Generations: Dr. Pac-Man vs. Ex-Aid & Ghost with Legend Riders

2ツ星

浅いなぁ

ゴーストとエグゼイドのクロスオーバー劇場版。ゴーストの完結編であり、エグゼイド本編でさらっと触れた財前所長のエピソードを描いている。映画限定フォームとして、仮面ライダーエグゼイド ゴーストゲーマー、仮面ライダーゴースト エグゼイド魂、仮面ライダーゴースト テンカトウイツ魂が登場。さらにレジェンドライダー(ドライブ、ウィザード、鎧武)を乱入させている。

心配したとおり、ストーリーは支離滅裂。キャラクターは生っちょろい理想を叫ぶだけで、どんどんパワーアップ。より大きな問題は、より強いフォームで解決。じつに浅い。財前所長も期待したほど存在感がない。おまけに患者の態度が悪くて、ラストで改心しても気分は晴れない。やれやれ。

つまらない。
もう仮面ライダーシリーズは、大人の視聴に堪えうる作品を目指してないのか。

 Googleで「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」を検索する
 Wikipediaで「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」を検索する
 IMDBで「Kamen Rider Heisei Generations: Dr. Pac-Man vs. Ex-Aid & Ghost with Legend Riders」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01N281AAB
思考回廊 レビュー
仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー