レビュー  2015年03月21日  に発表された 

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
Super Hero Taisen GP: Kamen Rider 3

2ツ星

裏切りはライダーの代名詞!

盛り上がりたいのに、着火しないまま終わってしまった。次から次へと含みのあるキャラクターが出てくるが、方向性が見えない。珍しいオリジナルキャストがたくさん登場するが、見せ場がない。唐突なニンニンジャーの乱入、必殺技のオンパレード、さらには剛を殺して、『仮面ライダー4号』に引っ張って終了。マニアも、子どもたちも喜べない。どうしてこうなった?

「仮面ライダー3号が1号と2号を倒したため歴史が変わった」なら、歴史改変マシンはいつ起動したんだ? 妄想整理すると、ショッカー首領が死ぬとあらかじめ用意しておいた歴史改変マシンが起動し、つづいて仮面ライダー3号が目覚める。3号は(1号と2号を倒すまえかあとか不明だが)ショッカー首領の遺体(眼球のような球体)を歴史改変マシンにつないだはず。こんな重要なシーンをなぜ省いたのか? 夜の森で焚き火に当たりながら口頭で述べればいいのに。

ショッカー首領が新たなボディとして、最強の仮面ライダーを探していたなら、最初から「仮面ライダーグランプリ」を開催する予定にすべきだろう。「グランプリ優勝者はショッカー首領に謁見でき、それがヤツを倒すチャンスだ」と言えば、グランプリへの参加もスムースになっただろう。もちろん、新たなボディはマシンを駆使する仮面ライダーになるから、あんな巨大ロボットはありえない。

南光太郎(BLACK)は揺るぎないが、乾巧(555)はいきなり「飽きた」と言って戦闘を放棄するし、橘朔也(ギャレン)をはじめとするブレイドのメンバーはひどい扱いだった。詩島剛(マッハ)は年上を馬鹿にしてまわるから、殺されても悲壮感がない。桜井侑斗(ゼロノス)は主役のように動くが、なにを知っていて、どこから来たのか? 正しい歴史を知っているのかどうかさえわからない。
なんのため往年のヒーローを客演させているのか? ちゃんと見どころを作らないと、引っ張り出した意味がないよ。

「歴史改変マシン」は魅力的な設定だから、最後は破壊できず、どこかに消えてほしかった。それこそディケイドかディエンドが持ち去ったら最高だった。

このあと『仮面ライダー4号』を見たけど、めちゃくちゃよかった。本作を見る必要はないが、後日談の『仮面ライダー4号』は必見と言っておこう。

 Googleで「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」を検索する
 Wikipediaで「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」を検索する
 IMDBで「Super Hero Taisen GP: Kamen Rider 3」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00XC2LGRY
思考回廊 レビュー
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号