[Edit]
[レビュー2005年09月03日に発表された 

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼

Kamen Rider Hibiki and the Seven War Demons

異端が描く正統派

『アギト』ではサイドストーリー、『龍騎』ではバッドエンド、『ブレイド』では後日談を映画化してきたが、まさか第1話より以前の話を、時代劇でやるとは思わなかった。よく思いつくもんだ。平成ライダーシリーズのコンセプトワークは神がかり的だよ。

そしてコンセプトだけでなく、1本の映画としても楽しめる内容だった。『七人の侍』をベースに、現代とちがって恵まれない鬼たちの葛藤がよく描かれている。ご当地ライダーもおもしろい。時代考証はいい加減だけど、どのみち変身ヒーローなのだから、あえてリアリティを追わない姿勢は好感がもてた。

テンポが悪かったり、首をひねるシーンもあるが、まぁ、時代劇はそういうもの。希望がもてるラストも素晴らしい。これほど子どものことを考えたライダー映画もなかったと思う。おもしろかった。

仮面ライダー
昭和・第1期
1971 仮面ライダー
1973 V3
1974 X
1974 アマゾン
1975 ストロンガー
昭和・第2期
1979 新 (スカイ)
1980 スーパー1
1984 ZX
昭和・第3期
1987 BLACK
1988 BLACK RX
1992
1993 ZO
1994 J
平成・第1期
2000 クウガ
2001 アギト
2002 龍騎
2003 555
2004
2005 響鬼
2005 リブート
2006 カブト
2007 電王
2008 キバ
2009 ディケイド
平成・第2期
2009 W
2010 オーズ/OOO
2011 フォーゼ
2012 ウィザード
2013 鎧武
2014 ドライブ
2015 ゴースト
2016 エグゼイド
2017 ビルド
  • 本編
関連作品
- 関連

Share

Next