レビュー  2009年01月31日  に発表された 

仮面ライダーG
Masked Rider G

4ツ星

「今、僕のヴィンテージが芳醇の時を迎える。変身ッ!」

ここまでやるとは思わなかった。「悪の組織に改造された孤独なヒーロー」という昭和ライダーの魂を、平成ライダーの技術とセンスで再現している。ありそうでなかったスタイルであり、ぶっちゃけ、『仮面ライダー FIRST』よりおもしろい。

ストーリーは大味かつアバウトなんだけど、まるで気にならない。骨太の世界設定と、細部へのこだわりがあるからだろうか。たとえば、仮面ライダー Gの武器はソムリエナイフやコルク抜きを模しており、非常に凝っている。その反面、音楽やバイク、怪人の着ぐるみは流用するなど、手を抜くところは抜いている。このバランス感覚が素晴らしい。ちゃっかり『ディケイド』の宣伝をするところもニクイ。

一流シェフが、ありあわせの食材で作った簡単料理みたい。シンプルなのに、おいしい。持ち味が生きている。稲垣吾郎より、シェフの腕前に感心する作品だった。

 Googleで「仮面ライダーG」を検索する
 Wikipediaで「仮面ライダーG」を検索する
 IMDBで「Masked Rider G」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0002L2YEM
思考回廊 レビュー
仮面ライダーG