レビュー  2010年06月05日  に発表された 

EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル / 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー
Episode Blue: The Dispatched Imagin is Newtral - Kamen Rider × Kamen Rider × Kamen Rider The Movie: Cho-Den-O Trilogy

3ツ星

テディは駄目人間製造器か?

幸太郎とテディの関係は、友情と言うより共依存に見える。侑斗とデネブもそうだが、ベタベタに甘えた関係は見てて疲れる。脚本家は友情を知らないのか、私が考える友情はもう古いのか。

存在を賭けた勝負をしておきながら、しれっと復活できてしまうあたり、相変わらずストーリーが軽い。軽すぎる。

 Googleで「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル / 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー」を検索する
 Wikipediaで「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル / 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー」を検索する
 IMDBで「Episode Blue: The Dispatched Imagin is Newtral - Kamen Rider × Kamen Rider × Kamen Rider The Movie: Cho-Den-O Trilogy」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003X0H4VM
思考回廊 レビュー
EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル / 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー