レビュー  1988年03月12日  に発表された 

劇場版 仮面ライダーBLACK 鬼ヶ島に急行せよ
Kamen Rider BLACK: Hurry To Onigashima

3ツ星

BLACKの輝きがつまっている

いきなり緑のワーゲンが子どもを呑み込んだり、バラがしゃべりかけたりと、唐突な展開も多いけど、BLACK全盛期のかっこよさが詰まっている。

最初から最後まで、身ひとつで戦うのがいいよね。ビルゲニアに剣で襲われても、キックとパンチだけで応戦。がっちり拘束されても、「神よ!」の掛け声で脱出。インチキくさいけど、なんとかしてしまうパワーがたのもしい。
相棒バトルホッパーも活躍。無言で助けに来て、傷を負い、自己修復して、大丈夫と言わんばかりにライトを点灯する。何度見てもしびれる。

誘拐された子どもたちが、「仮面ライダーBLACK、仮面ライダーBLACK」と、フルネームで呼ぶのがおかしかった。子どもたちは、どこでその名を知ったのだろう? まぁ、バスで食べていたスナック菓子に名前が印刷されていたけどね。

 Googleで「劇場版 仮面ライダーBLACK 鬼ヶ島に急行せよ」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 仮面ライダーBLACK 鬼ヶ島に急行せよ」を検索する
 IMDBで「Kamen Rider BLACK: Hurry To Onigashima」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0000C17UV
思考回廊 レビュー
劇場版 仮面ライダーBLACK 鬼ヶ島に急行せよ