レビュー  2009年01月25日  に発表された 

仮面ライダーディケイド (全31話)
Kamen Rider Decade

4ツ星

これほど熱く、これほど無念なライダーもない

1つの世界に割り当てられる時間が短いとか、クウガの扱いがひどいとか、鳴滝が引っ張りすぎとか、いろいろ思うところはあるけど、第19話「終わる旅」までの高揚感はよかった。毎週、もだえながら見ていたよ。なので、後半12話については、『エヴァンゲリオン』の最終2話と同じで、今は評価できない(したくない)。
あぁ、どうしてこんなことに......?
それぞれの世界を振り返ってみよう。

  • クウガの世界 ... これがリイマジネーションか。傲慢な主人公に戸惑う。
  • キバの世界 ... 士をユウスケがうまくフォロー。むむぅ、おもしろい。
  • 龍騎の世界 ... 本編とちがいすぎるが、鳴滝とアビスが引っ張る。
  • ブレイドの世界 ... ヒーローという仕事のジレンマが興味深い。
  • ファイズの世界 ... こぢんまりとした世界観だが、こういうのも好き。
  • アギトの世界 ... 接続が見事。展開の早急さが惜しまれる。
  • 電王の世界 ... 特殊な電王世界を、うまくアレンジしているね。
  • カブトの世界 ... 短編としてはいいのだが、誰か兄さんを止めて!
  • 響鬼の世界 ... 展開は急すぎるが、よく練り込まれてる。
  • ネガの世界 ... え? ケータッチはどこから?
  • ディエンドの世界 ... その先が知りたいんじゃ!
  • シンケンジャーの世界 ... TVスペシャルなら文句なし。
  • BLACK / RXの世界 ... てつをが変身すると日蝕になる。
  • アマゾンの世界 ... この土壇場で、なぜ?
  • ライダー大戦の世界 ... あぁ、どうしてこんなことに......?

世界の破壊者・ディケイドは、テレビシリーズはテレビで完結させる風習を破壊してしまった。破壊だけでなく、ちゃんとつないでほしい。

 Googleで「仮面ライダーディケイド 」を検索する
 Wikipediaで「仮面ライダーディケイド 」を検索する
 IMDBで「Kamen Rider Decade」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002OCT882
思考回廊 レビュー
仮面ライダーディケイド (全31話)