レビュー  2006年06月02日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ 20
Honto Ni Atta! Noroi no Video #20

2ツ星

心霊より虐待がこわい

ニコ生上映会で鑑賞。リプレイする前に霊を見つけられる人はすごい。ナレーションに指摘されても見つけられない。投稿者は、よく霊の存在に気づいたものだ。このレベルなら、自分が撮ったビデオにもなにか映っているかもしれない。まぁ、探す気にはなれないけど。

本作で怖かったのは、「添付された呪い」の虐待ビデオ。ビデオに写ってる霊より、ビデオを見た人が不幸になる呪いより、ビデオの内容そのものが怖い。中国語を話す女性という設定も不安を駆り立てる。こんなビデオが学生たちのあいだでヤリトリされるとは思えないが、わけがわからないところが妙にリアルだった。

  1. 焼け残った怨霊 ... おわかりいただけません。
  2. スタント ... 特捜戦隊デカレンジャーは作り物じゃない。
  3. 私がもう一人... ... 同一人物と言えるかどうか。
  4. 暴力の理由 ... DVの証拠撮影という設定がいい。
  5. お料理会 ... よく気づいたなぁ。
  6. 教育ビデオ ... 取材パートのほうがおもしろい。
  7. 誰もいない会社に ... 警備員がべらべらしゃべっていいのか?
  8. 添付された呪い ... 携帯版「リング」。

 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ 20」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ 20」を検索する
 IMDBで「Honto Ni Atta! Noroi no Video #20」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000F6YUSW
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ 20