レビュー  2013年06月05日  に発表された 

封印映像 12 ひとりかくれんぼ
Sealed Videos 12

2ツ星

イメージは悪くないが

うそっぽくてもストーリーがある方が印象に残る。掘り下げが半端だと、私のような人間は妄想の火がつくが、それもまたよし。いろいろ足りないが、それでも投稿映像ものでは悪くないシリーズかも。

  1. 呪顔 ... 引きこもりの息子をテレビに映そうとする母親の神経がわからないが、その家にあった能面でアイドルの顔が焼けるという展開も不自然きわまる。なにかの罠だったんじゃないかと思うレベル。芸能界を去ったアイドルがあわれで、事件の背後に注意が向かなかった。
  2. 道ズレ ... 買ったばかりの車でドライブ中に事故現場に遭遇し、加害男性に車を奪われてしまった若者があわれ。警察が見るべき証拠品が、なぜ封印されたのか? 事故(?)を起こした男女の関係も掘り下げればおもしろくなっただろうに。
  3. 廃墟の女 ... ホラー映画のロケハン風景に写り込んだ女性の霊。状況設定は悪くないが、やはり緊張感が持続しない。そしてスタッフに不幸が連続するのも毎度のパターン。
  4. 姿見 ... 友人宅で飲んでいると、ふいに玄関のチャイムが鳴る。それだけで怖いが、それだけだった。隣室で女性が殺されたというエピソードも、友人が行方不明になったという後日談も今ひとつ。
  5. ひとりかくれんぼ ... 女性2人が降霊術を試したことで、人形と女性が入れ替わった、ということだろうか? まちがった手順だったらしいが、それが罠だったらおもしろかったかも。

 Googleで「封印映像 12 ひとりかくれんぼ」を検索する
 Wikipediaで「封印映像 12 ひとりかくれんぼ」を検索する
 IMDBで「Sealed Videos 12」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00BYFHA3K
思考回廊 レビュー
封印映像 12 ひとりかくれんぼ