レビュー  2002年05月24日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ 10
Honto Ni Atta! Noroi no Video #10

2ツ星

取材パートで引っ張るような映像か?

  1. 祖父 ... [あらすじ] 古い家庭陽ビデオカメラの映像。玄関に入る子どもの背後に死んだはずの祖父の霊が。 [感想] 言われないと霊とわからないほどはっきり映っている。微笑ましいとは言えないが、怖いわけでもない。
  2. 煙に浮かぶ顔 ... [あらすじ] 花火に興じる若者たち。煙の中に顔のようなものが。その後、投稿者は口にやけどを負ってしまう。 [感想] よくあるパターンで、言うことなし。
  3. 続 白い足 ... [あらすじ] 『Special 2』のつづき。子どもがおもちゃの電話で、死んだ友だちと話しているという。 [感想] インタビュー時の背後から聞こえる店員の声が大きい。長々インタビューして、よくわからないまま終わる。
  4. 下水道 ... [あらすじ] 下水道で落とした指輪をファイバースコープで探す映像。猛烈な臭気とともに、人間の歯茎のようなものが見つかって、消えた。 [感想] 上顎がそのまま落ちているような映像だから、インパクトがある。警察に提供すべき映像だが、一瞬で消えてしまうことをどう説明するか悩みそう。いずれにせよ、心霊映像の範疇じゃない。
  5. 叔父の呪い ... [あらすじ] 部屋でミーティングしている映像に、自殺した叔父の顔が映り込む。 [感想] 取材パートがやたら長い。若者たちが墓参りに行くシーンは、BGMもあいまって青春映画の一コマのようだった。そしてもちろん、心霊映像はしょぼい。
  6. 落下する霊 ... [あらすじ] 消防団員が訓練している。背後のビルの屋上から飛び降りる人影が見える。 [感想] 死を受け入れず、何度も飛び降りる霊、というナレーションは怖かった。
  7. 海水浴 ... [あらすじ] 海水浴場の光景。足の影はあるのに、身体がない。投稿者はそこに映っている子どもで、このあと溺れかけたという。 [感想] なかなかおもしろい。投稿者の「溺れかけた」というのはどの程度のことか、想像すると怖い。
  8. 声に取り憑かれた男 ... [あらすじ] キャンプ中、そこにいない男と女の声が聴こえる。「許さん」と「おまえに」と言っている。スタッフが現場に出向いてキャンプするが、成果なし。 [感想] その場にいた撮影者たちも聞いているのが珍しい。しかし映像内であわてた様子もない。むしろ投稿者のイタズラと考えるべきでは?


 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ 10」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ 10」を検索する
 IMDBで「Honto Ni Atta! Noroi no Video #10」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00G6FA3Y6
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ 10