レビュー  2012年07月28日  に発表された 

怪談新耳袋殴り込み!劇場版 東海道編
Kaidan Shinmimibukuro Nagurikomi! The Movie Tokaidou-Hen

2ツ星

またつまらぬものを見てしまった

ニコ生上映会で鑑賞。前2作で十分満足したけど、また見てしまった。出演するスタッフの肩書きが泣ける。みなさん、成功した映像作家というわけじゃなさそう。どのくらいの予算と日数で撮影してるんだろう? 心霊現象より、彼ら自身に興味がむく。

「怖い」と思えるシーンは1秒もないが、心霊スポットではしゃぐ中年男たちは怖い。わずかな光や音を心霊現象だと語る一方で、ラップを歌ったり、レースを楽しんでいる。異常な世界だ。

上映会では、心霊スポットからの実況中継もあった。ぜんぜんおもしろくないが、脚本がなくても彼らの言動が変わらないことに驚いた。ふだんから、ああいう人たちのようだ。仕事だから我慢してやれることじゃないよな。

 Googleで「怪談新耳袋殴り込み!劇場版 東海道編」を検索する
 Wikipediaで「怪談新耳袋殴り込み!劇場版 東海道編」を検索する
 IMDBで「Kaidan Shinmimibukuro Nagurikomi! The Movie Tokaidou-Hen」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B007RQJL1Y
思考回廊 レビュー
怪談新耳袋殴り込み!劇場版 東海道編