レビュー  2002年08月23日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ Ver.X:4

2ツ星

心霊映像が弱い

構成・演出は、ふたたび白石晃士。ちょこまか工夫されているが、それだけ。
取材パートがあるものは冗長で、ないものは映像にパワーがなくて拍子抜けした。あいまいな映像をエピソードで盛り上げるにしても限度がある。やはり驚くような心霊映像を見たい。
Ver.Xシリーズは4本で終わっている。どういう意図で制作されたシリーズだったのか、最後までわからなかった。

  1. ライブハウスに異形の物体が... ... 見えません。
  2. 社内の宴会に謎の光球が... ... 見えません。
  3. 野良猫の体に何ものかの顔が... ... 見えません。
  4. 廃坑をさまよう霊 ... う、うーん。
  5. 火事の煙の中に死神の顔が ... はっきり顔が見えるが、それで? と思ってしまう。
  6. 芝居の稽古の最中に... ... 手だね。うん、手だ。
  7. お化け屋敷に本物の霊が... ... 見えません。
  8. 砂嵐のTV画面から ... もやっとね。
  9. 8ミリフィルムに奇怪な目が! ... うーん。
  10. 波間に現われた霊 ... 見えません。
  11. 結婚式に現われた怨霊 ... 見えません。
  12. 呪われた椅子 ... だから長いんだよ。
  13. 9回見たら発狂する投稿ビデオ ... さっぱり。

 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ Ver.X:4」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ Ver.X:4」を検索する
 IMDBで「」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0001FAGJE
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ Ver.X:4