レビュー  2013年03月06日  に発表された 

封印映像 11 天井裏の呪念
Sealed Videos 11

2ツ星

ちょっとストーリー性がついた

映像のインパクトにたよらず、ストーリー演出を加え始めたようだ。なぜそうなったか、それからどうなったかで、映像の印象も変わるからね。とはいえどれも練り込み不足で、今後に期待したいところ。

  1. 殺して ... 飛び降りシーンはよかった。それが過去にあった自殺のリフレインという展開も悪くないが、いまひとつ盛り上がらない。スタッフ全員精神病院送りというのも定番すぎる。
  2. テガタ ... 窓をあけると墓があり、突然弟が暴れだすのはおもしろかった。「さみしがる」というのはあざといが、悪く無い。
  3. 黒み ... 警備員が夜のビルを巡回中、不審なものを目撃し、そのまま壁に呑み込まれた。警備会社は事実を隠蔽し、監視カメラだが残った。シチュエーションはいいね。「Xファイル」S2-E23「影踏み」のような因果関係がほしいところ。
  4. 軋む声 ... ミミズは鳴かないという事実。
  5. 天井裏の呪念 ... 失踪した兄がもっていたテープ。6本のうち2本が行方不明。出だしはよかったが、霊能力者が出てきて失速する。なにが映っているかわからない程度でよかったのに。

 Googleで「封印映像 11 天井裏の呪念」を検索する
 Wikipediaで「封印映像 11 天井裏の呪念」を検索する
 IMDBで「Sealed Videos 11」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00AQ4EB64
思考回廊 レビュー
封印映像 11 天井裏の呪念