レビュー  2012年07月06日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ 48
Honto Ni Atta! Noroi no Video #48

3ツ星

ありえないと思っても、怖いものは怖い

一般投稿による心霊映像を集めた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第48弾。はじめて見たけど、けっこう怖い。まちがい探しのように気づくおもしろさがある。ナレーションは多くを語らず、沈黙をうまく使っている。回を重ね、練り込まれてきたのだろう。

「おわかりいただけたことと思う」
「......とでも、言うのだろうか?」

このナレーションスタイルは、どこが起源なんだろう? このスタイルによって、安定的なおもしろさを確立できたと思う。

  1. 雨女 ... じりじり近づいてくるところが怖い。「首ナシ」はむしろ興ざめで、ふつうにこっちを見ている方が怖かったかもしれない。
  2. マンションロビー ... ただの故障でしょ。それより恋人が行方不明ってのが怖い。
  3. 続・首の家 ... 映像より、スタッフの調査風景の方が怖かった。
  4. ワカサギ釣り ... 心霊写真のようだ。
  5. 歩道橋の怪 ... ただ音だけで怖い。顔はよけい。
  6. 友達 ... ありえない映像なのか、見ただけではわからない。
  7. 闇鍋 ... ビデオ映像より、実際に見えたら怖いだろうな。
  8. 死返中編 ... つづきものか。なるほど長いシリーズになるのも頷ける。

 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ 48」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ 48」を検索する
 IMDBで「Honto Ni Atta! Noroi no Video #48」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B007V6OCFA
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ 48