レビュー  2007年03月02日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ 23
Honto Ni Atta! Noroi no Video #23

2ツ星

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」っぽい

今回はスタッフが森で6時間も迷ったという「廃神社」の取材がおもしろかった。心霊ビデオが後回しになるスタイルは好きじゃないが、取材パートによって投稿者の軽率さがきわだつことになり、うまい構成だったと思う。

  1. パリ旅行 ... 新婚旅行でパリ市内を観光中、地下鉄の窓に白い影が見える。毎度のことながら、よく見つけるね。この映像がインチキだとしても、パリ市内の散策映像はどうやって入手したんだろう?
  2. シリーズ監視カメラ「コインランドリー」 ... 白い手はいいが、「きゃー」というSEに驚いた。
  3. カラオケボックス ... 首吊りというより、浮遊した足。なかなか不気味。若者たちの狂乱に圧倒される。
  4. ボクシングジム ... ぼかしエリアが大きくて、見つけにくい。逆さまの顔は先輩に似ているそうだが、「うらやましげに見ている」のかなぁ?
  5. 廃神社 ... やっぱり森は怖い。それだけでホラー映画になりそう。しかしスタッフの揉め事は、ホラー映画なら必須だが、ドキュメンタリーとしては眉をひそめる。心霊現象はとくになし。
  6. 文化祭 ... 画面が移動する際にモノクロの人影が入る、いつものパターン。いびつな顔は不気味。
  7. 鉄棒 ... バラバラ殺人事件と、鉄棒少年と、草むらの顔がどう関係するのだろうか。
  8. 花火族 ... 河川敷で花火を楽しむ若者たち。花火が打ち上げられる瞬間の光で、少女の霊が浮かび上がる。1回目、2回目と近づいてくるのは怖い。もう1回打ち上げたら、どうなっていただろう?
  9. 続・廃神社 ... 迷いやすい森だから姥捨てに利用されたとか、管理されてない神社に近づいてはならないとか、老人の話がおもしろかった。真相らしいことはわからないまま終わるが、雰囲気はよい。最後に心霊ビデオが流される。事情を踏まえてみると、彼氏の軽率さがわかる。柱の陰に見える老婆は色合いが不自然だ、不気味だった。今回の取材パートは見ごたえがあった。

 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ 23」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ 23」を検索する
 IMDBで「Honto Ni Atta! Noroi no Video #23」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B009NP9LQM
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ 23