レビュー  2007年02月23日  に発表された 

実録! 呪われた都市伝説 最凶 平成の都市伝説集
Urban legend of Shouwa Period

2ツ星

ピクチャードラマで十分

1つのネタをあっさり静止画で紹介するパターンと、じっくり再現ドラマで紹介するパターンがある。再現ドラマは内容的におかしなものが多く、静止画だけの方が怖かった。むかし、こういうゲームがあったなぁ。

  1. 死を招くカーナビ ... よく見つけられたもんだ。
  2. エンジェル様 ... あっさり。
  3. 赤いクレヨン ... 実在するとは!
  4. ともだちだよな ... 使い古された感もある。
  5. さとるくん ... あっさり。
  6. ひきこさん ... もっと踏み込んでくれ。
  7. I公園の怪 ... あっさり。
  8. コインロッカー・ベイビー ... あっさり。

都市伝説の発生源をいともたやすく特定できてしまうことに驚く。これじゃ呪いのビデオシリーズと変わらないが、そのへんを突っ込んでも詮なきこと。独自の解釈がほしいけど、予算的に難しいか。途中、映画『口裂け女』のイメージ映像が流れたところがおもしろかった。あれは映画で、こちらはドキュメンタリーなのか。


 Googleで「実録! 呪われた都市伝説 最凶 平成の都市伝説集」を検索する
 Wikipediaで「実録! 呪われた都市伝説 最凶 平成の都市伝説集」を検索する
 IMDBで「Urban legend of Shouwa Period」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000LE0MOY
思考回廊 レビュー
実録! 呪われた都市伝説 最凶 平成の都市伝説集