レビュー  2009年06月05日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ 32
Honto Ni Atta! Noroi no Video #32

2ツ星

菊池演出補の失踪シリーズ、はじまる

2015年、ニコ生で32、33、34、42、43、44、45、46、47、48、49、50、51、52、53、54のを鑑賞する(計16本)。連続して見たことで、菊池演出補の疾走と帰還を理解できた。あるいはそのために企画された上映会だったのかもしれない。

  1. 運動会 ... ウォーリーを探せ。気づいてみると、インパクトがあった。
  2. 犬の散歩 ... 現場に案内してくれる投稿者。付近の女子高生が語る都市伝説。なんだかなぁ。
  3. クラブ・イベント ... ただのコスプレでは? 軍人が自決したって曰くもウソっぽい。
  4. 不在 ... たしかに手首が消えているが、インパクトが弱い。やっぱり消えるなら頭か。
  5. Twenty Seven前編(前半戦、後半戦) ... 毎年誕生日に送られてくる正体不明のテープ。引っ越しても届く。呪術的なサイン。なかなか怖いシチュエーション。しかし心霊映像はしょぼい。投稿者の首吊りの方がショッキング。この時点でタイトルは意味不明だが、のちに判明する。つまり先のことまで考えて作られたシリーズなのだろう。
  6. シリーズ監視カメラ「ネットカフェ難民」 ... 5分も映っていたことに驚く。
  7. タクシー ... 暗いけど、なんかいた?
  8. 赤い人 ... 画面が小さい。車の通過にあわせて消えるのも定番。

 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ 32」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ 32」を検索する
 IMDBで「Honto Ni Atta! Noroi no Video #32」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0020N57FI
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ 32