レビュー  2013年12月06日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ 55 劇場公開版
Honto Ni Atta! Noroi Video 55

2ツ星

ちょっと劇場版らしい試み

心霊映像をつなげるのはよかった。しかしオチらしいオチもなく、えんえん引っ張った焼身自殺の映像も虚仮威しで、がっくり。「X-FILES」みたいに巨大な陰謀があるとうれしいが、それは望み過ぎか。

  1. 銅像 ... 撮影より逃走を選んだのはリアル。映像や状況はよくわからない。
  2. ロールシャッハ ... 伝統的に見せられる映像って、どういうこと?
  3. シリーズ 監視カメラ「窓の外」 ... 地味だけど王道。カメラ設置は伏線だった。
  4. 悪戯電話 ... 録音や録画より、秘密を語らず、凶暴化する彼氏がこわい。
  5. タイムラプス ... うっすら系。よく気づいたもんだ。スレンダーマンのよう。
  6. 誰がいなくなった? ... 映像はチープだが、状況設定はこわい。
  7. 飛ぶカメラ ... あとで気づいたときのショックを想像するとこわい。
  8. 悪人 ... 投稿映像をつなげる展開はおもしろいが、やっぱり中途半端に終わる。怒りと呪いが視聴者に向くのは新鮮か。
  9. 焼身自殺 ... 音量注意。


 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ 55 劇場公開版」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ 55 劇場公開版」を検索する
 IMDBで「Honto Ni Atta! Noroi Video 55」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00FBPM3Y0
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ 55 劇場公開版