レビュー  2012年03月02日  に発表された 

封印映像 7 練炭自殺の女

2ツ星

取材パートは進化するか?

サブタイトルになっている「練炭自殺の女」はまさかの追跡取材ドキュメント。期待は高かったが、盛り上がらないまま心霊映像でお茶を濁して終了。この切り口はおもしろいが、やっぱり心霊じゃないと難しいかな。

  1. 練炭自殺の女 ... 「封印映像4犬神の呪法」に収録された「練炭自殺の現場」の続編。証言者の男が棒読みで萎えた。あからさまな犯罪行為だが、顔はまったく隠さないのはリアリティに欠ける。逃げながら撮影ってのも無理がある。
  2. ... 投稿者の女性を正面から撮影している。顔を伏せる投稿者とそうでない投稿者が居る。心霊映像はオーソドックス。刀の傷はよくできていた。
  3. 人形使い ... 専門家っぽい人が、それっぽくしゃべる。映像はふつう。
  4. 舞台霊 ... 町の人がいきなりしゃべる。とある演劇グループが小さな貸ホールで稽古している映像。その映像の中に、不可解なモノが映っていた...。
  5. 交換日記 ... 演技がんばれ。これだけ顕著で、記録もあるのに、警察が動かなかったというのは不可解だが、ま、いっか。

 Googleで「封印映像 7 練炭自殺の女」を検索する
 Wikipediaで「封印映像 7 練炭自殺の女」を検索する
 IMDBで「」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B006OC9OUK
思考回廊 レビュー
封印映像 7 練炭自殺の女