レビュー  2014年03月05日  に発表された 

ほんとうに映った!監死カメラ 7
Kanshi Camera 7

1ツ星

もう十分かな

案の定、監視カメラから遠ざかった第7弾。取材パートはおふざけ路線を踏襲。大学生魔術師四人組、殺人ブザー、奇跡を起こすニワトリ・コケちゃん。これはこれで悪くないと思っていたけど、もう十分かな。

  1. 廃墟 ... ただのカメラになった。貞子もワンパターンすぎる。
  2. 時間 ... 霊の通り道ですか。
  3. VTR念写男 ... これまた作り物っぽい映像。エピソードもパッとせず。
  4. 日本人形 ... テレポーテーション! 大学生魔術師四人組!!! パワーは置いていってくれた! 最後は除霊。なにがなんだか。
  5. 謎の配信 ... これ、KATOR氏をターゲットにする必要はなかったのでは?
  6. コケちゃん ... 祭りが開催され、ハーバード、東大、ケンブリッジに合格して、彼女ができて、借金帳消し。いくらなんでも盛りすぎ。
  7. ブザー音 ... ここで停止する人はいないっしょ。

 Googleで「ほんとうに映った!監死カメラ 7」を検索する
 Wikipediaで「ほんとうに映った!監死カメラ 7」を検索する
 IMDBで「Kanshi Camera 7」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00A7KRUGA
思考回廊 レビュー
ほんとうに映った!監死カメラ 7