レビュー  2009年12月04日  に発表された 

ほんとにあった!呪いのビデオ 35
Honto Ni Atta! Noroi no Video #35

2ツ星

テンプレート的な作品が多かった

  1. 中古ビデオカメラ ... [あらすじ] フリーマーケットで購入したビデオカメラに入っていたテープ。どこかの観光地を撮影している。最後に画面が乱れ、顔が浮かび上がる。 [感想] これまた直球だな。投稿者は映像を見て嘔吐したから、見すぎないようにと注意されるが、遅いよ。
  2. 海岸 ... [あらすじ] 若者たちが海岸で遊んでいる。デッキチェアに寝そべる女性の足元に黒い手が見える。このあたりは空襲で亡くなった人を埋めたらしい。 [感想] 砂浜に死体を埋めるだろうかね。それはともかく、手が見えるのは一瞬で、よく気づいたなと感心する。どうでもいいが、砂浜に死体を埋めたりしないだろう。
  3. 河川 ... [あらすじ] 河川の監視カメラ映像。自転車に乗った男性が橋を通過する。その背中に女性の上半身がしがみついているように見える。 [感想] 言うほど上半身に見えない。これまた監視カメラを監視する人の発見能力に脱帽する。
  4. 肝試し(前編) ... [あらすじ] 男性2名が心霊スポットで肝試しする映像。投稿後、片方は入院、片方は「そういうことから、はじまったんだ」と言い残し、行方不明になった。この場所にはかつて結核病棟があったと言う。 [感想] 問題の映像が見られないため、なんも言えない。
  5. 家族旅行 ... [あらすじ] 旅館にやってきた家族。2階の窓の外から女性が覗き込んでいる。 [感想] 一瞬だけどぞっとする。心霊ビデオのお手本みたいな作品。この旅館に霊的ないわくがないところも好感がもてる。
  6. 黒い物体 ... [あらすじ] ラブホテルで彼女を撮影する男。目の前を黒いものが横切り、カメラを向けると空中に浮かぶ生首のようなものが迫ってくる。投稿者は取材の数日後、電車に飛び込み自殺した。 [感想] 投稿者の説明はおもしろかったけど、映像はチープ。テンプレート的な状況設定なので、もうちょい解像度を高くしてほしい。
  7. 暗闇から ... [あらすじ] 花火を楽しむ親子。子どもの肩に背後から白い手が伸びる。翌日、子どもの首に原因不明の痣ができた。 [感想] これも直球だ。このビデオを見ている今も(肩に手があるかも)というナレーションがよかった。
  8. バナナの叩き売り ... [あらすじ] バナナの叩き売りを撮影中、テーブルの下に白い顔が映り込む。 [感想] わかりにくい。
  9. 肝試し(後編) ... [あらすじ] 肝試しのさいに撮影された写真が見つかる。2人の男性とカメラが写っており、どちらかが撮影したように見えない。そして問題の映像。深夜の公園を歩く2人。ノイズが入り、人の目のようなものが映り込む。ノイズが入った箇所の映像をつなぐと歪んだ人の顔が見える。また音声は「見せ/て/やる」と聞こえる。 [感想] 映像そのものは大したことないが、断片的な情報から浮かび上がるイメージは怖い。撮影者がいない写真もおもしろかったが、霊がSDカードに念写すると言うのは突飛だ。

 Googleで「ほんとにあった!呪いのビデオ 35」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった!呪いのビデオ 35」を検索する
 IMDBで「Honto Ni Atta! Noroi no Video #35」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002QBT304
思考回廊 レビュー
ほんとにあった!呪いのビデオ 35