レビュー  2007年07月27日  に発表された 

ウルトラマンフェスティバル 2007 ウルトラセブン伝説 / 漆黒の悪魔 vs 光の戦士達
Ultraman 2007 Festival Ultraseven Stage Show

3ツ星

ステージショーも進化したね

1989年から毎年開催されているウルトラマンフェスティバル。2007年はウルトラセブン誕生40周年だったので、セブンづくしとなった。そのライブショー第1部の映像を鑑賞したが、演出の冴えに感動した。

2007年は『メビウス』が終わった年。ライブショーもこれに合わせ、エンペラ星人が滅びて宇宙が平和になったところからはじまる。恒点観測員340号にもどったセブン。ところがエンペラ星人の復活をもくろむ星人がいた。という物語。
のちのウルトラギャラクシーに先駆けて、ティガやコスモスも登場。それぞれの個性を生かしたストーリーになっている。また光線技の応酬、キングジョーの分離、カプセル怪獣の出現と回収、巨大なアークボガールなど、演出もダイナミックだった。
お姉さんが子どもたちに応援を求める形式は変わらないが、舞台演出はものすごく進化していた。これは子どもならずとも興奮する。失敗の許されないライブショーだから、いつもとちがった緊張感もあって、おもしろかった。


 Googleで「ウルトラマンフェスティバル 2007 ウルトラセブン伝説 / 漆黒の悪魔 vs 光の戦士達」を検索する
 Wikipediaで「ウルトラマンフェスティバル 2007 ウルトラセブン伝説 / 漆黒の悪魔 vs 光の戦士達」を検索する
 IMDBで「Ultraman 2007 Festival Ultraseven Stage Show」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000TQ6GVW
思考回廊 レビュー
ウルトラマンフェスティバル 2007 ウルトラセブン伝説 / 漆黒の悪魔 vs 光の戦士達