レビュー  2013年09月07日  に発表された 

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル
Ultraman Ginga The Movie

3ツ星

これはこれでアリか

前半6話の総集編と、それにつづく新エピソード。と言っても人間関係が変わったり、謎が明かされることはない。テレビシリーズの展開が早いので、平穏な劇場版はいささか物足りない。しかし劇場版で急展開があっても困るから、これはこれでアリか。CGアクションはテレビより凝ってた。個人的には、礼堂ヒカルが故郷に帰る理由となった「ビジョン」について知りたかった。

『ギンガ』が1年50話くらいのシリーズだったら、こうした「怪獣出現→倒す」みたいなエピソードも増えるんだろうな。あらためてテレビシリーズの展開の速さに驚く。それがうれしい反面、すぐ終わってしまい、すぐ忘れ去られるのではないかと憂いる。濃密さを保ちつつ、経営資源としての寿命をのばすため、テレビシリーズを前期・後期に分けて放送するアイデアは素晴らしい。

とまぁ、劇場版を見ながらテレビシリーズの特殊性に思いを馳せたのだった。

 Googleで「ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル」を検索する
 Wikipediaで「ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル」を検索する
 IMDBで「Ultraman Ginga The Movie」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00FE7VJ2W
思考回廊 レビュー
ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル